FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証券取引口座を作ったよ

 いつまでもゲームだアニメだうんこだちんこだという話をして、エヴァーラスティングヤングを気取ってられないので、いい加減自分の老いという事実、そしておそらくは現実になるであろう「生涯独身」について考えてみることにした。
 今年はとりあえず福祉系の資格を取れるようなら取っておきたい。とにかく休みが少ない職場なので、通いだとすれば、就労形態について上に注文せんといかんから、今月または来月にその方針を決めよう。取る資格は初任者研修からの介護福祉士と、精神保健福祉士。あとは座学でとれる資格も考えておこう。休みがない上に金も少ないから、とる資格に対して払う金と「落ちない」ってことを前提に進めたい。

 これに加えて個人型確定拠出型年金を導入してみることにした。
 本屋で見かけてなんとなく気になった投資関連の本を一冊読んだところ、少し投資への見る目が変わった。どうにも、ネットに触れていると、「FXで大爆死」の話や「うっかり取引で一生分の儲け&20代でリタイア」の話など、要するに金持ちの道楽か気の触れたギャンブラーが手を出す、大体の人が身を滅ぼす予定のマネーゲームという印象があった。多分、僕みたいなイメージの人多いのではなかろうか。そして僕は、小バクチをぼちぼちやるわりに、はっきりとギャンブルに向かない人間性だと自覚している。
 僕はパチンコやパチスロをときどき打つのだけども、本を読んでみれば、もしかしたらまじめにやることでそれらよりもトータルでプラマイゼロからその上を目指せるものであるような気がしてきた。無知なもんである。「わかった気になる」ってのは恐ろしい話だし、分かった気になって体験する機会を逸するってのはもっと恐ろしい。でも全部やってくのはアホなんだろうが。

 ご存じの通り、世界は資本主義に傾いているわけで、その資本というのは、もはや現物ではなく金融に流れてひたすらぐるぐる回り続けている。リーマンショックってのは、現物(確か住宅)を債権化して、その債権を取引して債権化して…、というループの果てに、住宅自体が値崩れしたことで、それらの再建を抱えていた企業と個人の持つ債権の数多くが紙くずになった、というもんだったと理解してます。この状況を見れば「ああやっぱサイケンとかカブとかエフエックスとか?プロでもこんなことなんだから手出すかよバカタレ」と思っちゃうわけですよ。
 例えば僕が株への投資に持っている漠然とした不安というものは、「そもそも株というシステム自体なくなったらどうすんの」「そのあと買った株が紙くずになったらどうすんの」とか「証券取引会社が潰れた後ってどうなんの」とか。もちろん「買った株が大暴落したらどうすんの」とか、「全く想像もつかんが、何かが起こって、どういうわけか6億くらい借金ができたらどうすんの」という類のものである。

 しかし、本を読んでみると、当たり前に「買った分の増減」があるだけで、FXで大損話にある「突然の大借金」てのは基本的にないと考えてよいようです(当たり前だ、ていうかFXには全く興味ないからあの話の仕組みがまじでわからん)。
 そして、リーマンショックを受けた世の中も、むしろ金融経済は活発に動いております。当たり前です。例えば、自然派を志向するベージュの服をまとったおじさんたちが、「合成洗剤使うな!全部石鹸で洗え!」と活動をどれだけ活発にやったとしても、「高くてあまり落ちなくて泡切れの悪い石鹸」が「安くてよい匂いで泡切れのよい合成洗剤」を駆逐するなんてことはありえない。我々は便利に抱かれて、便利の信仰の中で好き嫌いを言う自由を勝手に設定してるだけの話なのです。
 要するに、「株」がなくなるときって、「株」に代わるものが現れない限りは考えなくてよいし、それらを扱う会社もなくならない。
 じゃあもう、これについてどういうものか知っていくほうが自分の人生の役に立つかな、と思ったのでした。

 とはいえ、デイトレーダーみたいに、自分で日経新聞読んで、デュアルディスプレイでチャートを毎日にらんで、みたいな作業をしたくはございません。興味ないからです。
 そこで「投資信託」というものを利用しようと考えた。
 さらに、投資信託について調べていると、個人型確定拠出年金(DC)と、少額投資非課税制度(NISA)というものにすぐぶち当たって、「老いて自宅で孤独死」がリアリティを増してきた現在、初めてみようと思ったわけです。

 とりあえず、ざっと調べて楽天証券とSBI証券に口座を作ることにしました。
 ていうか楽天証券はもう総合口座作りました。NISAは審査中。今のところ、商品を見て「注文」や「積立」のボタンをスリスリとポインタでなぞって「………ッウイ~~~~まだ買いませーーーーーーん」と一人で金玉縮めて遊んでます。
 なんだろうね。行ってみれば社会保険としての年金で、毎月15000円くらいの積み立てギャンブルやってるっていうのに、それ以下にすることを十分に選べる投資を毎月始めるっていうだけで、「すげえでかい買い物をしている」という気分になるのは不思議ですな。20代の僕は、老いて金もなくきたねえアパートでおむつを履きながらボロボロになって死んでいるような想像をして、それでもなぜか「投資」や「運用」なんていう発想は微塵も持たなかったのですが、もうそういう時代じゃないようですな。諦めて受け入れ、素直に喜ぶことにします。この自分の変化については。いろんなこと知れると面白いしな。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。