FC2ブログ

ストV「ゼニー廃止措置」について

サイキョーブログ | CAPCOM:ストリートファイターシリーズ 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/game/content/streetfighter/saikyoblog/1278


 相変わらずスト5やってます、とは言い難い頻度になってきてますが、まだ「やっている」という意識から外していないということを考えて、まだやっているというカウントになってます。以前LP0のリュウにラウンジで10連敗ほどしまして、『LPとは一体』と絶望的な気持ちになって以降、負ける不快さを考えてスイッチを入れる頻度が減ってます。ゲームってどうやったらうまくなるのだろうか。
 で、またいろいろなことに対するモチベーションも低下中で、限界まで忙しいわけではないが、「何もしなくていいときにすべきことが分からない」という若干やばい精神状態がずっと続いています。ずっと焦ってる状態です。あんまり眠れてもないですな。

 そこにきて上の記事ですが、「くるとこまできたな」という感じです。
 コアゲーマーたちがすでに言葉が尽きるくらいに文句を言いまくっている「商品としての完成度」を大きく欠いたスト5ですが、このたびのアップデートで「ゼニー」というゲーム内通貨を無効にすることが宣言されたので、さらにほうぼうから矢を打たれている最中です。
 なんせリリースされた当日に遊べるモードが3ほどしかなく、実質オンライン対戦するためのPS Plusに加入しなければ「遊べる」とはいいがたいゲームでした。それでも「オンライン対戦ができるなら」っていう考え方もあるかもしれませんが、商品ってそもそもそういうもんじゃないでしょうに。確かに数回のアップデートによって、遊べるモードは増えていったわけですけども、実装できてない部分がある状態でフルプライスのリリースをする心根に不快感を抱く人が大勢いて当然だと思うわけです。
 オンライン対戦にしたって、IDを登録するタイミングで振り分けられたサーバー次第で、初級者と上級者がうっかりマッチングし続ける不具合が発生してたり、ポイントのやりとりがマッチングの前後どこからでも不能になるエラーがあまりにも多いこと、表示に関するバグも本当にきりがない。公式ツイッターでは延々とサーバーメンテナンスがアナウンスされ続けている状態です。何が原因かは不明ですが、スト5のサーバー管理は、とにかく管理が安い格ゲー初めての新手の管理会社に一任したということもあって、とにかく商品としての誠実さがかけらも感じないのでした。
 じゃあなんでこういう格闘ゲームの骨組み以外は未完成品という商品を期日通りに売り出したのかというと、eSportsにおける格闘ゲームのスト5の立ち位置を固めたい=利権を確立させたいという意思が丸出しであることもまた、eSportsとか関係ない、ただ格闘ゲームを楽しみたいだけのゲーマーの神経を逆なでするのでした。特にカプコンは、去年の段階から2016年のカプコンカップを開催することを決定していて、それに合わせて長い間遊んでシーンもプレイヤーたちに盛り上げてほしいという意識があった。その結果、未完成品を期日通りにリリースするってことになったのでした。
 僕としてはコアゲーマーでもないし、いざとなったら辞めればいいだけの話だと思ってたのですが、格闘ゲーマーにとってストリートファイターシリーズの最新作というのは、このジャンルの屋台骨を支えているタイトルであって、自分と関係が薄くとも盛り上がっているべき存在であってほしいわけです。多分。だからこそ、ここまでわかりやすく不誠実であられると、投げる石も愛憎混ざってより尖ったり大きかったりしてくるわけですな。

 としたところに、「ゼニー」機能の廃止ですわ。
 僕は通常版を購入したので500ゼニー持ってます。
 と、いうことです。
 僕がこのゲームを「もう上達するという意思を持たない」と宣言したり考えたりするときは、できるだけ無様な状態になってからだと思ってますので、まだプレイする意識は持ってますけど、普通のプレイヤーの中で「こんなゴミメーカーがリリースしたゲームに金を落としたくない」と辞めてしまう人がいても、全く不思議ではないと思います。つまり、このゲームを辞める言い訳を探している人にとっては持ってこいなくらい、サギみたいな手法を取られたと感じてます。
 こんだけゲームに真剣じゃない僕でも「ふざけんなよ」って本当に思いました。金やで、金。ゲームがクソとかキャラデザがダサいとかそういうレベルじゃない。何一つ納得できる部分がない。ゼニーを有効にできる見通しが立ってない状態でゲームをリリースしてたわけだし、ゼニーを持っている人に対して(太い客に対して)何か優遇しようっていう意思も感じられない。コアゲーマーにこそ砂をかけるような真似をしてるようにしか見えないのです。 
 こんだけ「楽しもう」って人が一定数準備されているゲームなのに、どうしてこう水を差すようなサポートばっかするのだろうか。その上で目指しいてるものがeSportsの普及と地位向上なわけでしょ。むしろ新参を切り捨てる行動しかしてないんじゃないですかね。

コメント

どうも苦手です。
こんにちは。
カリメン2号です。

自分なんかは、オンラインゲームすら苦手なので、完全にパッケージ化(それだけで遊べる)ようなゲームしか買わないですね。
色々な人と繋がりを持てるオンラインに面白うそうではありますが、自分は黙々とレベル上げをするようなゲームの方が好きですね。

管理者のみに表示

トラックバック