FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで12万の買い物をしたでござる

20160829_pc.jpg

 画像が汚くて申し訳ないのですが、合計額だけでも見て帰ってください。
 まさに衝動買いをしたのです。12万円ちょいの。

 衝動買いつーと語弊がある。深いわけがある。どういうわけかっていうと欲しかったという。

 ええと、もう少しちゃんと書きますと、僕、去年12月にASUSの2in1PCを買ったのです。それだって、相当に考えに考えて買いました。まず、先代の2010年製マックブックがにっちもさっちもいかないほど動作が遅くなって、おまけに光学ドライブにディスクを飲み込んで吐き出さなくなった。もうそろそろ買い替えるか、と決意してそうなってからも半年くらいは、恐ろしく動作の遅いPC相手に我慢して何か理想のものがないかを探しまくっていました。
 そうして、2in1PCって存在をその時初めて深く考える機会になって、「うまいこと行けば便利使いできるような安めノートはないか」とさんざん考えて、悩みに悩んで、去年末に買いました。今も使ってます。しかし、結論から言えば、2in1PCというものに好印象を持つには不十分な商品でした。t300chiってやつは。あたまでっかちでバランス悪いのは織り込み済みだったけど、キーボードがまじで腐ってる。実物触って確かめてたんだけど、毎日使っていると、わずかなラグと反応の悪さ、Bluetoothのスイッチオンからのちょっとした待ち時間になかなかストレスがあるのでした。
 ちょっと公開があるところに、他の2in1を触ると、Asusほどのはっきりとしたラグがあるものは少なくて、機種ではなくメーカーの選択をミスったのかもしれません。まあ、別に何もかも使えない商品じゃないから、これはこれとして使い続ける決心はした。が、そもそもの目的「マックブックの代わりを購入する」という点では、あまりにも足りてなかったので、早い段階で「ちゃんとノートパソコンがいる」と思った。使用目的も明確で、こういう駄文をケツの穴からヒリ出すのもそうだけど、僕はこっから資格取得に動き始めて、なにもなければ多分、来年いっぱいは休日は勉強することになる。そして、大学受験と社会福祉士取得の勉強の際に、もうノートパソコンを使用しない勉強ってのは考えられなくなっていたので、『最低2017年3月までには新しいPCを買う』と決めて、今年の2月くらいからは、どういうPCを買うかという方針を練り始めていた。

 まず使用している2in1PCの不満に、光学ドライブがないってことがあった。それを補完するために、外付けドライブも買ってはみたのだが、同時に持ち歩いて重くかさばり、そもそもそういうストレスが「携帯する」ってことに最も邪魔であることがよくわかっていたので、光学ドライブ搭載であり、かつキーボード入力にラグがないノートPCで、と決めた時点でほぼ絞られてきた。
 『光学ドライブ搭載』って条件を捨てさえすれば、重さ、安さ、メーカーの選択と幅がものすごく広がる。実際、それを選んでもいいような気もしているのだが、僕はそれを家や屋外で持ち歩いて、そのままで映画を観るってのが目的の一つでもあるので、どうしてもこれを通したかった。と、なったら、製品は2つのブランドに絞られる。レッツノートとダイナブックである。
 レッツノートは、本格的なビジネスモバイルであって、無骨でデザイン性は低く、軽さと実用性が常軌を逸するほどに高いパナソニックの製品です。12.5型でSIMカードを刺せて、ディスプレイにタッチできるわドライブも搭載してるわ、そのうえ重さが1キロを切っていて、バッテリー搭載してるのが信じられない、オモチャみたいな軽さをしています。叩いたら「パンパン」と安いプラスチックの音がします。それでまた、信じられないことに、ものすごく衝撃に耐えるという商品なのです。そんなわけで、お値段は一番上のスペックなら余裕で30万円超えます。買えるか馬鹿。
 値段を考慮すれば、実質一つのブランド、ダイナブックに絞られる。その中でさらに「13.3型、光学ドライブ」のシリーズもいくつかあって、「まーこれだろ」ってのが今年の春に発売された、RZ83/Vシリーズです。僕の望むスペックが全部履いてます。あとは、来年の春のこれの発売を待つだけ、という状態でした。本当に、無いのよね、13.3型程度で光学ドライブが搭載されたPCって。どのメーカー見ても、ビジネスモバイルにディスクドライブなんて必要とされてないのです。僕には1択しかなかったし、スペックを見て大いに満足してたのでした。

 一応、今買えるかどうかの検討もしてたのですけども、まあ、別に買えますよ、もちろん。お値段は上記の通り12万円ちょいちょい。これだって、東芝直販のウェブで会員価格になった場合に、そのくらいの値段です。定価だったら18万くらいするようです。『これしかない』って思ってるのだから、もうこれを買う感じになってました。ただ「今」じゃなかった。高い買い物だし、本格的に使う予定がかたまったときに、準備した金でパンと買おうと考えていた。
 ただ、「値段が10万切りでもすれば話は別だけどね」とは考えていた。別に根拠があって思ってたわけでなくて、きりがいいし、数か月前発売されたシリーズにそんな値段つけるわけがない、と思っていたので、一応の購入価格下限を設けて、「そのくらいの値段の類似品が偶然見つかる」可能性にも駆けてみたつもりなのでした。
 
 としたところに、楽天DEALというバカみたいなポイントバックセールで、穴が開くほど見た東芝ダイナブックRZ83の画像が掲載されているのを発見したのです。8/27に。手が震えた。中身を見ると、25%ポイントバックで、実質30000円引き。つまり、上記の値段と相殺すれば95000円でRZ83が発売されていたのです。数年後ならまだしも、来年末になったって、多分この値段でこの商品が買えることはないと思う。
 発売期限はさすがに、8/28の午前1時。もう気付いた時には12時間を余裕で切っていて、迷う時間もあまりなかった。ていうか、買うかどうかなんて今までさんざん迷ってたしさ。迷う時間にリミットが突然できたわけです。そして、考えに考えたあと、「今日寝る前にまだ売り切れてなかったら、買おう」と考えた。これだけの値引き商品が数多く準備されてるとは思わん。それがもし、今晩寝る前まで残っていれば、それはもう俺が買う順番がきたのだと考えることにした。

 寝る前、「売り切れ」の文字がなかったので「ああああああああ」と言いながら買った。

 高い買い物して震えております。こんなに長く書く必要はないと思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。