FC2ブログ

3年目だヨ!

 同僚が次々辞めていく職場です。
 僕が初めてくらいに職場の人と酒を飲んだ際に、「どう、ここで仕事した感想は」と聞かれて、正直に「どうしてもここでなきゃいけない、って感じは全くないですね」というと、その先輩は「まあそれやな」と相槌を打ってた。もっと言えば、入って1年満たない人間がそれを言ってもいいくらいには、職場としての不安定さを共有できるわけですな。
 僕は今勤めている場所で、辞め際にどうしても感謝を伝えなければならない人は存在しないので、誰が辞めたって正直知ったこっちゃないと思っているのですが、「人がどんどん辞めていく職場」ってのは、自分がそこにとどまろうとするモチベーションも削るもんだなあ、と身を持って感じるところです。

 現在手取り19万と年賞与1.8か月という収入は、前職からアップしてて、住むところに金を払ってない自分としては、全く余裕で暮らしていけます。突然10万の買い物が必要になっても年数回くらいは大丈夫です。残業は、月で10時間くらい。年末年始・特別休暇がなく、祝日が関係ないので、他の職場と比べると月平均でプラス10時間くらい残業が発生してるかもしれませんが、それでもまあ、月20時間くらいの残業です。この世の中で平均かそれ以上の職場環境かもしれません。下を見すぎか。しかしもう、僕は半分以上僕の人生で金銭的成功を収めることをあきらめているので、「もっと貰えたらなあ」と幻想的に考えることはあっても、「(この職種は・俺の仕事ならetc)もっと貰えるはずだ」とかはカケラも思いません。ていうか、「お前らよく俺に金払うなあ」といつも思ってます。自分の何が評価されて月20万くれてるのか全然ピンときてません。金貰えてラッキーと思ってます。
 そして、僕にとって精神衛生上とてもよいのは、一人で仕事ができる時間が多いことがあります。僕の職域は障害者対象のグループホームで、利用者数人に対して一人の職員がいて、業務フローはあってないようなものなのです。最低限のチェックポイントは存在するけど、極端な話、次に引き継ぐ職員がぱっと見てわからなければ、どんな仕事をしたのかを知られるすべはない。僕はそういう、ブラックボックス化された環境で「嘘をつかず一人でこつこつとやる」ってことに、向いている人間だと思ってます。同時に、福祉職ってのは、それをやって売り上げに貢献するような仕事というものが『非常にみえにくい』ので、数字に追われず仕事ができるってのも大きいです。だからこそ、僕みたいなゴミ人間が掃きだめのように集まってくる職場ではありますが、それはもう仕事として取り組めば「僕に向いている」と思ってます(福祉職が僕という人材を適格だと思ってるかはもちろん別)。
 プラス、統括の上司が非常にちょろいです。上司の威厳で何か言うことはないし、気軽に電話してすぐ捕まえられるから、現場の風通しはよいと思います。問題解決能力は薄く、超人的なメンタルを持っているので、ただただ職員と利用者の文句を投げ込む便所みたいになっています。そういう、威圧する人がとても少ないのも、今の職場で(自分にとっては)よいと感じています。

 それでもまあ、先日3年目を迎えた僕からして、この職場で仕事続ける理由がさっぱり見当たらないのが正直なところです。目をつぶってただ毎日を過ごせば、タナボタの月20万がもう少し継続できるというのに、このところはずっと『とにかくここをやめなければならないのでは』とばかり考えています。
 このままここで仕事をすると、この職種でそれなりに有難がられる資格が得られる。そうすると、いよいよ今後ともこの仕事を続けていくことになる。僕はイデオロギーも薄いし、ソーシャルアクションやるほど気力も体力もないし、これを続けることがベストかどうか全然わからない。はっきりしてるのは、新しいことをやる元気がないってだけ。辞めるのも体力がいるから、辞めてないだけのこの仕事を、結婚だ転職だキャリアアップだ病気だで辞めていく人を見ると、「俺はこれでよいのだろうか」と考えるのであります。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック