FC2ブログ

腹の立つことに出会うと腹が立つなあという話

 僕は障害福祉と言われる分野の仕事をやっていることになっておりますが、この業界は本当に特殊です。
 どのくらい前だか、多分仕事に対して思う「偽らざる気持ち」の一部をそれなりに改変してここに書いたことがあるのですが、一日何ヒットもしないこのブログに、『あなたはこの業界で仕事をする資格はない』という罵倒(と解釈してかまわんと思った)のコメントを頂いたことがある。まあ、要するにそういうことである。通常思うことであっても、『言葉に出してはいけない』はわかるにしても『思うということはあらかじめその資格がない』という発想の持ち主が幅をきかせている業界である。そういう人が多分、福祉に関してのみ労働力を安価で搾取してオーケー、とはっきり主張しちまったのではなかろうかと思ってしまう。
 まあ、大前提として、僕は障害福祉の仕事向いていないと思いますよ。障害福祉っていうか、社会的に生活することがもう全く向いていないと思います。なのでコメントの方は大正解だと思います。

 仕事場の同僚とお話をしていたときに、「僕は障害に関して別に偏見なかったから(この仕事に就いた)」とためらいなく言う人がいて、すげえ違和感があった。
 僕にも似たような経験がある。不登校の交流会に出た際に、テニスの王子様や関するBL作品にどっぷりハマった女性の話の中で「こういうの話すと男女関係なく引かれるんやけど」と言ったので、「僕は何も思わんけどね」とわざわざ言ったことがある。書いてて自分で『ムチャクチャ気持ち悪いな俺!!!』と顔を覆いたくなる。
 要するに、それを発言することが自分にとってよいファッションになるということを理解したうえで上のようなことを言っているのだ。僕はその場で、相手の女性に対して「俺はみんなと違う理解ある人間だ」と一撃食らわしたかっただけだし、BLについて愛もヘイトも持ち合わせてなかった。同様に今職場にいる同僚も、僕に対して一歩優位に立ちたい一心で、わざわざそんなことを言ったのだと思う。それが違和感の正体だろう。
 「差別しない、偏見はない」という、この世の絶対に近い正義的文句は、かざした瞬間悪を薙ぎ払う効果がある。生きてて何が気持ちいいって、絶対的正義がこちらにある状況で、振り下ろす拳も称賛される瞬間でしょ。正義って容易に中毒になるな。薙ぎ払ったときに舞い上がる砂が周囲の人の頬をペチペチ叩いたとしても、まあ気にならんよな。

 障害に関して偏見がない、と言われた僕は、「あー、僕は今でもバリバリ偏見ありますけどねー」とノータイムで言った。これはまあ、頭で考えるよりも、攻撃されたという意識から反応でカウンターを出しただけだったのだが、もともとその当時や現在に至るまで、「偏見があるということを常に是正しなければならない」という立場ではなかったので、何も間違いではなかったと今でも思っている。
 この場合の「障害に対する偏見って何よ」って話だが、例を死ぬほど上げて、僕の偏見も死ぬほど上げて『みなさんもこういうことお考えですよね』と書くと、非常に複雑なことになるし不毛なのでやめた。
 でもまあ、偏見がもし事実だった場合にさらにややこしくなるということも考えていただきたい。何が言いたいかというと、「あいつってどうせこういうことじゃね?、と思ったらやっぱそうだった」という場合に、向き合うのは相手じゃなくて「お前がどうするか」ってことだけになってくるのな。だって、そんな偏見バリバリの相手に改善してもらうなんか意識飛ぶくらい面倒くさいだろうしさ。もっと言えばさ、『あいつどうせこんなやつじゃね?』っていう偏見、結構当たることありませんかね。だってそれ、経験則からきてることも多いだろうし。

 僕は障害福祉の仕事をするにあたって、職場の歪み、職員の歪み、自分の歪み、利用者の歪みについて、自分の偏見(考え)をぶつけて自分なりの事実を見つけ出しながら、当たり前に「仕事で行うことと自分が思ってることは別」ということに落ち着いた。
 どんな思いを抱えている人間だとしても、仕事として行う以上はあるべき姿と完成形を目指してやっていくのみである。それができなきゃ職業人失格だ。そして家や居酒屋で「あのクソゴミがよー」と思うことは別に咎められる筋合いはないと思ってる。言う場合はTPOに寄るだろうけど。なんか、当たり前のこと書いてるな。仕事をする上で、そういう思いを持ってしまうことが障壁になると感じたら、自分を変えていく努力が必要なだけだ。全部自分の問題なわけです。ところが、あらかじめ「他人が思うこと」を封殺しようとするこの業界全体のムードがあるのですな。

 僕が嫌いなやつ、腹立つやつは、健常者とか障害者とかいう要素で考えたことがない。ていうか誰でもそうでしょう。ニコニコ笑う障害者が漏らしたクソを処理するときと、罵倒してくる障害者が漏らしたクソを処理するときは、表面上同じように処理をしていても、前者のほうが気分よく処理できるってだけです。障害が原因で罵倒してこようが、人格的に狂ってるから罵倒してこようが、俺にとっては不快の要素としてそれほど変わらん。別にこれ、障害福祉の現場とか関係ない気がするよな。
 「俺がそのように思ってしまう」ってことはお釈迦様でも止められないのです。『思うなバカ!』ってのは本当に意味のないことなのよな。僕は僕のこと本当に人間として腐ってると思ってるけど、俺が腹の立つ対象というのは、「俺が腹が立つ要素」がそこにあるというだけで、右翼だ左翼だ障害だ芸術だイデオロギー好き勝手混ぜてくるなバカ!と思うのでした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック