FC2ブログ

仕事で元気を奪われ下書き捨てまくってますの話

 書くこと山ほどあるんですはい。
 でも「これ書いたって仕方がないなあ」ってことばっかなんですよ。『例えば』つっても書いたって仕方がないんだから書く気がおきないわけで。仕事ですわ仕事。仕事の愚痴というか。
 どうせならこの愚痴の切迫感・ダイナミズムを食らっていただきたい、と思うのですが、その壮大さというか根の深さというか、結局って問題って一本道じゃないじゃないですか。今「じゃない」が重複したのに反省してますけど。僕はそういう、ある程度の根をできるだけ骨だけ抜いて書くタイプの人間ではあるのですが、これはもう僕のバイオリズム次第なんですね。
 つまり「仕事で面倒くせえことが起こる」→「イライラして元気がなくなる」→「ブログに書く元気もない」→「書くことだけ貯まる」というスパイラルに陥ってます。「これをどう書こうか」と迷って手が止まる時間がつらくてしんどい。「こんなことをしている余裕はない、寝たい」となる。

 「こうすればわかりやすくなるな」とかも思うわけですよ。伝えるために。
 例えばエクセルの図形表記やフローチャート使って、「今僕はこういう状態にあって非常につらいですギャフン」という記事を、始まりから終わりまで完全に見えている状態でパソコンに向かうことがある。別にそういう、僕が僕自身や世の中に恨み言を吐くという内容でなくとも、「こういう内容って需要あんじゃね?」とか思いついて、その記事の構成がドカンと出てくることもあるわけです。そこで、僕にスケベ心があって、真剣に準備をしてブログを宣伝して、もっと自分のキャラも粉飾すれば、プロブロガーの真似事を始めるという人生もありだったのかもしれない、とか考えたりもする。2chのまとめブログでもいいし。
 でもやっぱり、俺全然やりたくないのな。金だけ欲しい。思いつかなきゃ書けないし、元気がなくても書けない。内容より、書きたさをごまかすことが、ブログを書くことのメインになってると思った。病めるときも健やかなときも、同じ温度でコンテンツを産める気がまったくしない。僕の身にこうして定着するものの奇跡が起こる気がしない。人同士のつながりですらこんだけ気迫なのに。こんだけ必要に迫られてても、家族すら「できるだけ俺に都合よく存在してほしい」と思ってしまう。他人はもちろんな。
 こんだけ生きてきて、わかってるのに、「俺に都合よくない世界」というものに時々耐えられなくなる。そして毎日耐えている。『当たり前だ馬鹿』と言われるだろうが。

 多分、「自分の考えが余すことなく表現できる世界」だったら、この世の誰もがクリエイターだわな。そこには、音楽とか映像とか、その時のトレンドで競争率高くなるのかもしれんが。何書いてるんだろうか俺は。

 じゃあ仕事のこと書きまーす。

 もう下書き捨てまくったから「もしかしたら過去に書いたかも」という気分なんだけども、今月来月、職場で重要なポストの人やアスファルトにすりつぶされた犬のクソみたいなゴミ人間まで、合計6人が退職します。それに伴って、僕のポストがまた変更、通常1種類の仕事をしてればよい職場で合計4種類のまったく別の仕事を少しずつやらされることになりました。
 これを意訳すると「俺より無能な人が非常に多いので割を食らっている」てことでよいかもしれません。僕は決して僕の有能をここで言いたいわけでなくて、仕事の内容が変わったことを喜んでいるわけではなくて、「俺はこんなゴミみたいな職場で何やってんだ」という気持ちで焦りとイライラ、新たな仕事が並行して開始される5月と6月に強い緊張を与えられていて、全体的に「死にてえ」となっているということです。もっと書くべきことはあるが。山ほどあるが。もう「死ね」か「死にたい」しか出てこないな。
 慣れてきた仕事を中途半端なところで強制的に変更され、少しずつ1年かけてカスタムしたルーティンをまた自分で一から積み上げないといけなくなる。このストレスで死ぬ。そのイライラが伝わらない。俺に関しては特にそうなんだけど、俺が今生きて労働してるってことは金じゃないのよなボケが。少なくとも月1、2万の上乗せで軽減できるストレスじゃないのな。俺の苦労の結晶がこの1年の成果であって、このルーティンだったのよな。職場の環境にも貢献できてたと思うし。

 「いや、こんだけ仕事の種類増えたら、どれかできなくなっても知らないっすよ」とヘラヘラしつつ切れながら言ったら「おう、まあそんくらい力抜いてやってくれていいよ」と言われた。その日に転職サイトにプロフィール登録した。まー、3年やれば、必要な資格は取得できる。そのときに気持ちが変わらなければ転職するのではなかろうか。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック