FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直であるということがよくわからない

 このブログを実際に読んだ方とお話しした経験がある。つまりまあ、本名の僕ではなく、その場に「八木」として存在してお話ししたことがある。なんじゃそりゃ。
 その方は目の前にいる自分が八木という超絶偽名であるにも関わらず「正直に書いてる感じします」とおっしゃった(確か本名も名乗ったと思うが)。それを聞いて僕は、どう返事するのがベストなのか迷った記憶がある。

 僕は「こう思った」ということについて、もしかしたら正直に書いているのかもしれないけど、変な話が「俺はこう思ったぞ!」ということをライブ感を込めて書くことに関して少し長けているだけなのかもしれない、とも思うわけです。だって、所詮文章ですやんか。僕のこの文章が技術どうこうとかいう気はもちろんありませんが、多分専門家に分析させれば、理屈で分解しきってABCABBAの並びのみでできている、みたいなことを書くことは可能だと思うわけですよ。こんなクソ文章感覚的にゲロゲロ吐き出すのみではありますが、理屈で分解しきれば、模倣することは誰にでもできる。僕の文章はきっと、ABCABBAの繰り返しでできていて、まあそれがもしかすると僕という個人をそのまま映写してるように見えてるのだと思うわけです。だからこう、『正直』というよりも解像度の高低じゃないかと思った。ていうかまあ、あの場での『正直』って表現自体『解像度』を表してたのかもしれんがな。
 ちなみに本来書きたいことと全然違ってる。
 僕は、確かにいわゆる『正直』な表現をしているかもしれないと思う点があるのと同時に、『ただ嘘をつかない』ってことだけを忠実に守りながら、本名の僕をいったん八木とかいう名前ですげえ調子よく映写してるのよな。書きたくないことは絶対書かないし、嘘は『誠実でありたい』みたいなクソな方針でもなんでもなくて、ただただ嘘を重ねる面倒くささを嫌って書かないだけなのです。
 そして、結果的に、僕が今生きている態勢ってもんが「言いたくないことは絶対に言わないし、必要があれば慎重に嘘をつくし嘘を重ねる覚悟はあるけど、興味の薄いことについては面倒くさいので嘘をつかない」というものになってる。嘘をついてない範囲というものは、単純に興味がないので、そこに使うカロリーが惜しいだけなのよな。

 『だれもがきっとそうなんだろう』と分かっていても、言いたくないことを作ってしまうことや、触れられたくないことに触れられたときに顔を赤くして腹を立ててしまうことがあるので、自分はまったく自分のことを正直だと思えないわけです。そして多分、僕はそれが人よりも多い。だって、いつも他人と世間話をするときに困ってるから。
 僕は多分、NGが多いってことを意識せず人にたくさん押し付けてしまっているから、人と何気ない会話をするときに相手から緊張を感じるのよな。多分、考えすぎではないと思う。もう、そういう雰囲気が出てしまってるのだと思う。いつも思うけど、僕の言葉や行動に、他人がまったく存在してないのよ。僕が『正直に』話すこと以外、相手は僕について知ることがない。また、とっかかりもない。すると、何も話すことがなくなる。話すことがずっと途切れている。
 中にはいますやんか。とにかく人に話しかけられやすい人って。「よう、何してん」と後ろから背中叩きたくなるような人。逆に、僕が(おそらく)与えてしまっている緊張感を一切気にしないタイプの人もおるな。そういう人こそ本当の正直な人なのだと思う。こんな僕が話しかけたくなる、話すことに困っても自然に埋めてくれるような人。埋めなくても気にならない人とかな。
 緊張を与えてるっていうか、俺が緊張してるだけかもしれんな。

 まあ大体の人ってさ、自分の姿を映写するときに、正直さの境界を超絶微調整してるとは思うのよな。ここに神経質になればなるほど、人に緊張を与えていると思う。
 あのー、痛車ってあるじゃないすか。僕、あれやる人すげえあこがれるんです。自分にないものを感じる。
 僕、アニメから遠のいて久しいですけど、本当にムチャクチャ好きな美少女アニメがあって、車にカッティングシート貼り付けたいくらいだったとしても、それを人に見られることを考えると踏みとどまってしまう。自分に家族がいたら、よくつるむ友人がいたら、今後出会う異性を乗せるとしたら、カスタムのお金は、車の本体代は。もしかしたら「理解できない趣味」て要素が混ざってややこしくなってるかもしれないけど、『調整する必要がないほど愛がある』ってことにも、『調整した結果痛車にカスタムする』ってことにもあこがれる。格好いいと思う。
 
 もう一つ、今現在の正直さの調整である「(面倒なので)興味のないことにはひたすら嘘をつかない」ということについても、最近不自由を感じることが多い。本来、社会的に調整するべきポイントがあったとしても、僕は著しく社会的でないために、見逃して馬鹿正直にぶっ放すことが多いのだ。
 「別に口止めされてないし」「こいつにとって関係ないっしょ」と思っていたら、わりと言ってはいけないことだったということが最近多い。特に「誰々が何々を言っていた」ということについては、自分に責任がなく口止めもされてないから、自分の興味外の箱にまとめて放り込まれ、ふとした会話の流れで口から洩れる。興味がないことに配慮するって超絶面倒くせえ。そもそも『面倒くせえから嘘をつかない』って態勢にしてんのにさ。自分でも本当にタチ悪いと思う。何かしら脳の障害を疑うくらい、異様にその辺が面倒くさい。
 僕には話題がないし、言う方が自然な内容であり、興味もない内容だったら話すよ何でも。お願いだから俺に大事な話を口止めせずに言わないでほしい。

 正直でありたいし正直が面倒くさくない。嘘はつきたくないけど言いたくないことは山ほどある。そんで大体のことには興味がないし、俺が興味なくて社会的に興味の高いものが多すぎる。正直であろうとしても面倒くさくなるなんて、とにかく社会は俺を快適に生かしてくれる要素がない。面倒くさくて死にたくなるのは当然やろがボケ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。