FC2ブログ

お賃金少し減ってた話

 今月の給料、減っておりました。ギャフン。
 その理由のメインは、週1回の夜勤が組織の都合で減らされたからですな。
 やっぱキツいすね、金減りますと。別に、生活苦しくなるとかじゃないんですけど、ていうか月10万でも生活はできる程度のありがたい環境ですけど、給料が減るってのは、自分の仕事の評価が下がったような気持になるのですよ。

 で、もう誰もこの場で言わないし書かないから自分で書きますけど、僕わりと役に立ってるのです。現場でもそうだし、誰もやらない仕事の敗戦処理マンとしても。行政の監査に係ってる仕事だから、だれかやらないとすげえ困るところに「じゃあテメエで」と指さされて、こっちゃ一介の勤め人だから、そりゃもうやるわけですよ。抗うことも面倒くせえ。そして僕は、できなかろうがわからなかろうが、とにかくやるんです。胃が痛くなっても、夜眠れなくってもやるんですよ。そして1年間そういう仕事やって、やっと自分のリズムをつかみ始めてた。
 つまりこの1年ちょいは、週に2回は夜勤をして、昼の勤務では料理を作りつつ利用者の体調管理をして、決められたあてがわれた時間については、管理業務をやってた。管理業務については特に手当が出ることはなかったけど、こっちも別に自信もってやってるわけではなかったし、それについてはいずれ評価されたらいいと思ってる。僕の収入で同僚に差があるところは、資格手当と夜勤手当です。ゴミみたいな基本給に各種手当が加わって、やっと人並みのお給料頂いておりました。まあ3年目の職員としては、そんなもんな気がしてた。

 ところがですね、5月からその夜勤を、完全に組織の都合で週1回にされました。
 夜勤てのは心身に負担だから手当を出そう、という発想なわけで、無くなれば手当が消えて給料全体が減るのは当たり前の話ではあるのですが、僕の給料から月1万以上突然減るのは痛い。金銭的にでなく、「俺が減らしたくて減らしたわけでないのに減る」というのが精神的にくるわけです。
 なので素直に、5月からのシフトが始まる前に「金減るのキツいっす」と上司に伝えたところ「その辺は大丈夫、なんとかする」と言ってもらったのですが、今月の明細みたら普通に夜勤分減ってました。

 5月の夜勤を減らされて、僕の仕事がどうなったのかというと、①現在の施設の現業、②施設の管理業務に加えて③外部のヘルパー業務を入れられたのでした。もうほんまにね、俺だけ掃き溜めみたいになってる。そして、③の業務は組織の給料とは別に少しだけお金を頂けるので、その分が夜勤減った分を補填してくれる予定だったそうな。
 確かに別の明細でお金もらえたけど、それでも全然先月より減ってた。
 俺が嫌になって仕事投げ出したら、今の組織は結構困る案件抱えてるはずなんだけどもな。そちら側の都合で仕事の内容変えられて、その上給料減ってたら「俺の仕事とは何なのか」という気持ちになるのです。働くに当たって、別に金なんてなんでもいいと思ってたし、今も思ってるはずだけど、やっぱ点じゃなく線で生活しておりますので、この組織においては『こう』というのもあるし、前後や周囲と比較しちゃうんですな。
 単純に金だけでいえば、週に3回夜勤入って同じような仕事をループしてれば心身は楽だし、今より全然給料もいいはずなんですよ。基本給じゃなくて、手当の話になっちゃいますが。僕が望んだわけではない敗戦処理みたいな仕事は、ちゃんと取り組んですぐに誰かに引き継げるくらいマニュアルもできあがりつつある。給料減らされるような仕事はやってないつもりなんですよ。
 金の話なんだけど、金じゃないんですよ。俺はとりあえず頑張ったんだから、そちらの都合で減らした夜勤手当分くらいサービスしてくれよ、と思ってしまうわけです。

 上司に確認したら「来月からなんとかする」とまた言ってたので、来月のお給料が楽しみです。前くらいもらえてたらお寿司でも食べよう。回ってるやつ。 
 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック