FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・なつやすみバンドはいいぞ



 ザ・なつやすみバンドはいいぞ。皆さん夏だから聴こう。夏が終わったら夏を思って聴こう。
 僕は夏が嫌いです。暑いので。
 上記の「サマーゾンビー」を数年前に聴いて、去年は「Phantasia」を聴いて、さかのぼって他のアルバム2枚を聴いて、今もちょくちょく聴いています。とてもいいです。

 どんなバンドかって言いますと、『夏休み』をテーマにノスタルジーに強烈に訴えかけるバンドです。曲の中にはスティールパンが頻繁に登場して、ワールドミュージック感も高いのも個人的にポイント高いです。僕はノスタルジーに割と拒否感ある人間で、昔が良かったとかは思いたくないし、実際に思ってもないのですが、なつやすみバンドは、あらかじめノスタルジーを弄ぶつもりなのが新しくてとても魅力だと思います。新しくて若いミュージシャンが、実際に存在したかどうかも怪しい、漠然とした懐かしみを想起させるというコンセプト、わりと悪意を感じてこの身を焦がす感じしませんかね。どうですかね。
 いや、ここまで書いて、実際にそんなことコンセプトにしてんのか一切知りませんが。インタビューの一本も読んでないし、メンバーが何人でなんという名前かも知らんし。
 最新作「PHANTASIA」の真ん中に「GRAND MASTER MEMORIES」という曲があるのですが、残念ながらどこにも音源流れてないから紹介しようがないんですけど、ものすごく強烈な曲なんですよ。このアルバム自体、メジャーレーベルでの2枚目ということもあって、バンドコンセプトをわかりやすく打ち出しつつ現在のスタイルをプレゼンしているものだと考えますけど、半ばの「Grand~」はこのバンドがどのくらい露骨に「ノスタルジー」を意識しているのかを特にプレゼンしているのです。歌詞はこちら
 ほとんどがポエトリーリーディング形式で、リズムにはぎりぎり乗りながらもただ言葉を読み上げていくだけの歌詞で、「子供のとき過ごした夏を思い出す大人」が内容になってます。『大人』のパートである「夏がくれば~」と「空は遠くなって」の部分にメロディがついていて、その部分は一度聴いたらすぐ歌えるようなしかけになってるんですね。
 特に「空は遠くなって夢は淡くなって」を4回謳わせるところは、歌い手の立場として大人なのか子どもなのかをぼかしてあると思います。そして、ただぼんやりとその歌詞4回を口ずさんでしまう。いつもアルバムを聴き返していると、真ん中のこの部分で「夏休み」を思って、考えて、ノスタルジーの持ってる乱暴な多幸感を感じるのです。全く最高です。何とかして聴いてほしいのに、別にアルバムのリード曲でもバンドの代表曲でもないのな。「TNB!」のコンセプトの原石感も好きだし最高だけど、PHANTASIAはノスタルジーを打ち出すバンドの現在進行形を感じられてまた最高です。
 全体的にIQ高めで、メロディの引き出しや構成にそういうのを感じられます。サブカルさんも納得では。








コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。