FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら、全然知らん人のペンケース

20171103_pen_1.jpg

20171103_pen_2.jpg

 愛用のペンケースが壊れました。ありがとうございました。
 んなことわざわざ書くなという話ですが、このペンケース、23年使ったんですよ。はい。僕34歳なんで、11歳から使ってたんです。狂ってますね。ペンケース、全然壊れないですね。まじでこんだけ壊れないものを1000円くらいで売ってるってすごいコストパフォーマンスですね。ペンケースメーカーも23年に一つしか売れないもの作ってるんだから、きっと職人が一人で設立した会社かなんかでしょうかね。そう思えばこの縫い付けやビニールの手触りも、南部鉄器を打つ男臭い二の腕から作り出されたような気がしませんでした。なんじゃAQUA TIME COMMUNICATIONて馬鹿か。知ってる単語並べてみたんか。
 僕もやっぱり30年以上生きていますと、一応ペンケースを新たに買う機会はあったんですよ。多分、5や6は買ってるんじゃないですか。それでも、やっぱりこれに戻ってくる、とかそんないいもんじゃなくて、行方不明になったり鞄を変えたりするうちに、これが結局手元に残ってきたんですよ。それを「使い心地がいい」というのかもしれませんが。でも、ペンケースに何か不満を持っていたことはなくて、理想のものもなくて、一番初めに使い始めたペンケースだったので、何となくこれを使い続けていたのです。まじで理由よくわからないですね。なんでしょうね。

 と、いいますのも、このペンケース変な出会い方したんです。
 まず見た目でなんとなくわかると思うんですけど、これ女児向けなんです。色味、手触り、魚のマークの印象と色のオーロラ感、それから手提げ風の意味のわからん取っ手(これがまた結構重宝するんだけども)。僕が買ったんじゃないんです。
 僕が10歳くらいの頃に、地元では缶ペンケース(カンペン)が主流で、僕も何か使ってたんですが、そのころ大阪市内の学習塾に通わされ始めて、そのときに市内のイケてる小学生が袋型のペンケースを使用していることを知ったのです(そのペンケースにスポーツブランドのロゴが入っているものがさらにイケてるとされていた。アディダス、ナイキ、リーボックなど)。で、「超欲しい」と思いました。思ってすぐ百貨店の文房具行きましたが、アディダスのペンケースが2000円くらいするのを見て

 「高がペン入れる袋に誰が払うか馬鹿が」

と、泣きながら家に帰りました。まあ、僕の当時の感覚としては、どうしてもペンを入れる入れ物に払う額とは思えなかったわけですね。
 でもまあ、そうこうする間に学習塾におけるカンペン派閥は駆逐されつつあったし、市内に住んでない田舎臭い僕は、カラカラと音のするカンペンを取り出すのに気恥ずかしさを感じてはいて、その状態をなんとかしたくはあった。ていうか、欲しかった。袋型のペンケース。ファスナーでジッと開けてペンを取り出したかった。できたらアディダスのペンケース欲しかった。
 ある日塾に行ったら、落とし物コーナーに、袋型のペンケースが置いてたんですね。で、僕もそれを取ったら泥棒ってのはよくわかってるので「俺が欲しいものをうっかり忘れる人もおるのだなあ」と思って落とし物コーナーを通るたびに眺めてたんですけど、その忘れ物コーナーを塾に来るたび眺めるうちにわかったことがあったんです。
 まず、取りにくる人がほぼいないということ。大きいもの、名前入りのものは事務所で回収されて呼び出しがあるので、忘れ物コーナーに来るもの自体が、折れた消しゴムや短くなった鉛筆、安いボールペンといった文房具の流刑地みたいになっていて、実際「消しゴムを忘れたなら忘れ物コーナーで借りてきなさい」と指示する先生もいるくらいだった。
 そして、数か月サイクルで置かれたものは捨てられるということ。講師に尋ねて、半年に一回くらい捨てていることがわかった。際限なく落とし物が集まってくるかららしい。

 そこまでわかって、「サイクル上捨てる直前の落とし物コーナーに袋型のペンケースが置いてあった場合、少し未来に入るのがゴミ箱のところ、俺の鞄であっても別にいいのでは」と考えた。
 そして、数か月放置されているのを確認し、捨てるサイクルの間際に回収したのが、写真のペンケースなのです。よって、このペンケースは、僕より先に塾に来なくなった一つ年上かドロップアウト組の小学生(多分女子)が『回収するのも面倒くせえ』と捨て置いた(と思われる)ペンケースなんでしょうね。アディダスのペンケースが落とし物コーナーに転がってることはついに無かったよ。

 それを23年ですよ。使った。まー使ったね。
 14歳くらいでアディダスのペンケース実際買ったこともあんだけど、なんかしっくりこなくて、最後またこのアクア(通称)に戻ってきたんです。「いつまでこれ使うんだろう」と思いながら、ついに壊れて「あ、壊れたってことはこれ捨てるんだ俺」と少し感慨深かった。一番始めに「ペン入れる袋に2000円て馬鹿か」という感覚を持っていたから、多分このペンケースから変更したいという気持ちが生まれなかったんだろうな。いろんなところをこれ持って移動してきたよ。ありがとうございました。

 次のペンケースは、大人なので3000円くらいの買います(相場まじで知らん)。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。