FC2ブログ

友達を作るという迫力

 明けたね。年。
 仕事が本日(1月2日)から始まりまして、その直前になにかやっつけようと思って書いております。

 大体掃除をするようなタイミングで、あらかじめ「捨てる」という発想がないのに使わないものがあることに気づくことが多くて、そういうものから、つくづく「自分を俯瞰する」ってのは自分だけでは難しいのだなあ、と思うものなんですが、どうなんですかね。
 僕の場合やっぱり「やってないこと」「やろうとしなかったこと」に僕の人生をなんとかするファクターがあるのでは、と思っているというか思い込んでいるというか、それをやり続けたり考えること自体を希望とするというか、人生を捨てない理由にしているところがあるのですよ。わかりやすいところで言えば、仕事のこととかですね。いろいろな人の話を聞くと、職を辞すると無収入になるのが怖いとか、肩書がなくなるのが怖いとか、そういうの、ようやく僕にもわかるようになってきたところです。収入も肩書もすげえ便利ですし、この世の中ではわりと実質的な生き死ににつながってるからな。
 ただ、やっぱり「仕事を辞めることのメリットすげえんじゃね」と今も思っています。て、いうのは、そっから新しい生活が始まるのですよ。どう考えても。それって希望じゃないですかね。独身子どもなしだから思うんですかね。

 伊集院光深夜の馬鹿力、今でも聴いておりますが、数年前から伊集院さんが「やりたいことをやってきた人生だけど、もはや自分を成長させるような楽しいことは、自分が今までやりたくなかった『楽しくなさそうなこと』にしかないんじゃないか」というようなことを言ってて、『何お前まだそこなの?(偉そう)』と思ったもんでした。僕の場合は、「やりたくないことが多すぎるから早い段階で手詰まりになった」って話なんですけど。
 やりたくなかったことをやる、それに一度でも自分の意思でつま先を向ける、ってことは僕にとっては一般社会的になろうとする部分が結構多くて、大体そういうことが苦痛だったんですよね。サラリーマンやってみることとかさ。6時間以上の飲み会に参加することとかさ。まああんまり書きたくもないこととかも、『それが人ってもんじゃないのか』とか思いながらやってみた。

 じゃあ僕の可能性を伸ばす、言ってみれば、僕の人生をなんとかするための行動ってなんなのかと普段から考えるところに、年に数回だけ会う、まあ唯一って言えるくらい付き合いの長い友人と年末に会って、お話などしてたわけです。この、今年で言えば年に3回会う友人は、小学校からの付き合いで、僕が10代20代最強に考えすぎて狂っていたことについても、大した興味を持たないような人間だったおかげで、いまだに途切れてないのですよ。
 その友人は今年いろいろあって広島に引っ越したので、そのお話など聞いていたのですけども、「広島の友達と恋人をつくりたい」という目的で、なにやらネットの掲示板に書き込んだりしたそうです。
 今までもそういう「友達を作りたい」という文章をネットやその他で見たり、僕自身もその輪の中に入ろうとしたりすることはあったのですけど、僕今34で今年で35歳なわけです。改めて「友達を作りたい」という言葉の迫力を感じまして、一昨日あたり「俺、友達を作ろうと真剣に思ったことがない」と考えて少し落ち込んでました。
 自分から連絡を取りに行く、つながっていこうとする、友達の輪の中に入れてもらう、というための『努力』と言いますか。

 僕恋人ができたときに痛感したことの第一位に、「努力がとても必要」ということがあります。関係維持のため、ポイントで盛り上がりを得るため、種まき、水やり、雑草抜きみたいなことが要るんですよね。そして「これ…大変だな…」と思いました。そして、「向いてないな」とも。どこの講座で習ったんですかみなさん。ずるいよ。教えてくださいよ。自然になんとかなると思ってた。
 上記の僕の「友人」が今に至るまで関係が続いているのは、例えば何年時間が空いても、多分フラっと電話する相手だからだし、月に1回会っても会わなくてもどっちでもいい関係だからなんですよ。勝手にそうなってきた相手なんです。向こうも僕にそう対した興味持ってないと思うし。
 性欲とか、同調のためとか、そのほか何かで恋人を作ろうとしたことがあった。でも、友達をつくって維持するために、自分は向かいあったことが一切なかった気がする。そして、別にそれでいいと思ってたし、そういう生活が向いていると今も思ってるから、別に良かったんですよ。
 今年はどっかで一回やってみようと思った。

コメント

お久しぶり
また会いたいですね。
Re: お久しぶり
> また会いたいですね。

お久しぶりです!ぜひ行きたいですねー。
ちょっとこの数か月あんまよろしくないもんで、
4月以降の調子よさげな日でも行きましょう~
了解です。よろしくお願いします。

管理者のみに表示

トラックバック