FC2ブログ

セミ無職八木

 僕の理想としましては、「ついに退職決まりました~次の職場も決まりました~」と突如問題の解決を報告する形がいわゆる「オトナ」であって、COOLという感じがするのですが、僕は生まれてこの方、大体の途中経過を詳細に口から漏らしたくなるタイプの人間であって、全然COOLではございませんな。
 とはいえ、書く元気があるとかないとかの問題とは全く別でもありまして。
 そうすると、何となくダラダラと1か月以上「パチスロ超打ってる気分の沈み方している」という内容の記事がただただ放置されているという状態になってて、そりゃまずかろうな、と今こうして何か書いてるわけです。日本語全体的におかしいですね。

 何か書いているということは、書く元気がちょっとだけ出たのです。

 職場の一番偉い人に、「3月末から、今の仕事を続けるという気持ちが完全に切れてしまっているので、退職したい」という意思を昨日伝えました。
 これもねずっと考えていたことではあるのですけども、『今日あたり言ってみるか、なんちゃってギャフン』て昨日急に思って、思ったらもう、今すぐ伝えないと気持ち悪くなって何も手につかなくなるような気持ちだったんですわ。そして、「~末で退職、~月上旬に引継ぎをして、中旬以降は有給を消化させてもらうということで」の『ことで』を言い終わった瞬間、パアっと気持ちが解放された気分でした。俺は、今の職場辞めたかったんだな、と。ずっとそう思ってて『俺は辞めたいぞ』と俺を雇う人間に伝えたかったんですな。まあ、こちらから言い放つことって、卑怯な話だとは思うんですけどね、コミュニケーション的に。ずっと言いたかったことを言い放つだけってのはねえ。

 まあ、ネタ振りは先々月くらいからしてたんですよ。今以上に煩雑な仕事を回されそうなこととか、組織の運営の方針とか、従業者を全く育てる気がない(もしくはそういったセンスが皆無である)こととか、指摘したうえで『上級職の資格を自分に取らせないで、他の人に回してほしい』とは明言してたんです。「僕はどうなるもんかわからないので」と。てことは、どういう意味かは普通伝わってると思う。それを言っていいくらいは、僕は知ったこっちゃなかった。今月じゃなきゃ多分来月言ってたしさ。

 で、辞める宣言を受けて、「今本当に適材がおらず、単純に仕事を受ける人もいないから、辞めるにしてももう少し先にできないか」と言われた。そんで、僕は組織や上司がどうなろうが知ったこっちゃないと考えてはいるものの、サービス利用者と残された同僚に、わりとダイレクトなご迷惑をかけてしまうのはわかっているので、ぐっと詰まってしまったのでした。
 自分のやってる仕事はすぐ誰かに引き継げるよう、こっそりマニュアルを作ってはいたんだけど、4年目の僕が今の部門のトップに放り込まれる程度には、引き継げる人間がまずおらんのよな。それもわかってたので、「残れ」じゃなく「辞めるにしても『もう少し』先延ばしできないか」という言葉に、何も言うことができなくなったのでした。

 なにより、「俺はとても辞めたいと思っているぞ」ということを伝えられたこと、「計算上、いつ以降に自分は労働から一定期間解放される(かもしれない)」という目途が立ったことで、この数か月の地獄のようなストレスが少しだけ軽くなったのよね。だから「やかましいわボケ、詳細にマニュアル作ったから日本語読めるゴミ人材当て込んでなんとかせいやタコ」という気分ではとりあえずなくなってしまったのよな。
 まあそれだって「辞める前提」でストレスが軽減されたってだけだけども。

 なにしてたって、あとは辞めるまでの時限付き罰ゲームなのだ。
 収入を失う恐怖は、本当にない。やばいな。解放される楽しみしかない。
 とにかく、一歩進んだと思ってる。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック