FC2ブログ

Almost All Taishoku

 僕が今、どういう状態なのかわかるかい。
 多分せり出していると思いますね。まあ、ダイナミズム。そう言い換えてもいいかもしれませんね。ダイナミズムという入れ墨を彫ってもよい心境ですね。父親とペアで彫っていただきたいというダイナミズムもあるんですけど、父親は完全に死んでいるんですよね。僕、こう見えて彼の金玉に収納されていた経験がありますので、彼が完全に死んだということを知っているんですよ。そういう縁があるといいますか。すっごい山の方の火葬場に入っていくのも見ましたしね。

 僕の状態ですが、有給消化中です。いえー。
 まあそれ以外別に書くことないんですけどね。
 いやー書きてー。文字書きてー。でも勘消えてるー(うかれてる)。

 僕、本部勤務の最終日に「Oshigoto iku」とツイートしたんです。そんで、退勤するタイミングで「Taishoku suru」という文章とナパームデスの「You Suffer」を貼り付けて、退職おつかれいいねとかリプとか貰おうかなと画策してたんですけども、そういうストーリー考えてる時点で「浮かれてんな俺」と一回冷静になってしまって、結局何もしてないのでした。僕こういうことほんまに多いです。
 で、引っかかってることもありまして、7月末までは、現在の職場に籍は置いているんですよ。もっと言えば、「本部or現場勤務」は最終日になったのですが、あと2日、イレギュラーの仕事が残ってまして、本部にも、現場にも出ない8時間くらいの仕事があるんですね。だから「Taishokuって、それは違うもんな」と引っかかってたのでした。なんで俺はこういうこと気にするんだろうね。どうでもいいやんね。

 とにかくまあ、僕は、実質退職しています。ありがとう。本当に。
 今回の社会人ごっこ総括なんですけど、まあ先々でもっと細かく書いていくかもしれんけど、わりと成功したような気がしたんですね。
 なんせ、最長ですよ。3年5ヶ月。一応、一つの職場で務める最低期間と言われる(怪しいもんだが)3年を上回って仕事を続けることができた。ほんで、毎回毎回、自分だけは自分のこと「頑張ったなあ俺」と、少なくとも時間が経ったら思えるんですけど、今回は、実際リアルタイムで働いてる最中「俺頑張ってるよな!大丈夫よな!」って思ってるところに、他人からも「八木(仮名ね)はよくやってる、おって助かった」という評価もついてきてたんです。管理職が総じてゴミだったから、職場や職員も掃き溜めになっていってたけど、僕は「掃き溜めの一部にはならないように」と思ってやれることをやってたら、掃き溜めとは別格の扱いをしてくれた。具体的には給料は同期よりも上げてくれたし、ボーナス査定も高かった。こういう、努力と評価がわかりやすく伴ったのって、社会の中で延々迷子になりながらも自力で生きる道を総当たりで模索してきたことが『無駄じゃなかった』っていう実感が持てたんですよね。
 それが結局、ゴミ管理職とゴミ職員に精神的に持たないようなこまごまとした仕事とその責任を押し付けられる結果になったもんで、退職に至るわけですけども。

 今後の予定としましては、就活しながらぼんやりします。
 それ以外は特に何もないです。

 もやしさんまたご飯行きましょう。ライン消えてて連絡とり方わからんのでした。


コメント


管理者のみに表示

トラックバック